MENU

睡眠薬の種類、特徴とその副作用

不眠を改善するときに、医師から処方されるのが睡眠薬です。
眠れないという症状が、毎日続くと体の疲れは溜まりまた、精神的にも辛くなります。
そんな不眠に悩むなら、まずは睡眠薬を服用して眠ることもいいことです。
最近はその不眠に悩む人が急増しており、種類もたくさんあり自分に合わせたものを見つけることができます。
まず、睡眠薬というと一番有名なものがハルシオンというものです。
この特徴は、入眠障害に効果があります。
服用すると10分程度で、睡魔がでてきます。
眠れないときには、すぐに効果がありますが副作用もあります。
副作用は、服用後は意識の低下がおこる場合があるのですぐに眠ることです。
服用してからの行動を、翌朝には記憶していないという場合がハルシオンにはあります。
そのためにも、服用後にはすぐに眠る体制に入るというのがポイントになります。
そして、継続させると耐性が出来るために、いつの間にか規定量をオーバーすることです。そうすると薬の作用が切れたときには手が震えるなどの副作用がでてきます。
効果が早くあるものほど、医師の指示に従い自己流での判断はしないことです。
途中で目が覚める中途覚醒には、ベンザリン、長時間型はドラールなどがあります。副作用は、持続時間の長さがあることです。
確かに長く眠ることは可能です。
しかし、目覚めたときにまだ薬の成分が残り日中の行動に危険性が伴う場合もでてきます。

中時間型に分類されるベンザリンは、睡眠効果が24時間以上続きます。ドラールに至っては、35時間を超えています。
このように長期間持続して効果が発揮されるので服用時にはその分量に注意がいります。
睡眠薬には、症状に合わせて軽いものから、重度のものまで幅広く存在しています。
軽い不眠なら、精神安定剤でも眠れることができます。
医師に相談のもとで、自己判断を絶対にしないことが安全に使用できる方法になります。
睡眠薬の依存性は、医師の管理の下でしていると心配はありません。